CONTENTS Song


咲華

指の間をすり抜ける
花粉集めて浮かべた
夜空に砂の庭

うつむいたまま
「誰も見てないんだ…」
なくした後に残った種


いつもただ 通り過ぎた場所から華になる
忘れたなら 朽ちてかまわないと
声を上げてさよならさ


きっと今のまま僕ら
たった一つ得られずに
ずっと取り繕ったまま
想像の世界に生きる

きっと見えていた華は
たった一つの形で
ずっと眺め続けてるだけ


摘んだ花 例えた景色の中
自由になる
尋ねたなら 朽ちてかまわないと
咲いた日々に生きるだけ